読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

建替え診断室

建替えか?リノベーション・リフォームか?神奈川~東京の中古住宅・査定事例を紹介!

建築家

建築家ゲーリーフランク展と東京の空中権ラッシュ

民法を基礎とした建築基準法や借地権・空中権などで東京は高層ビル化が可能になっている。安藤忠雄氏の設計した美術館で建築家ゲーリーフランクの展覧会が開催される。

建築家=兵器開発者だった時代の投石器と現代の解体工事用「鉄球」クレーン車

建築家=兵器開発者だった1000年前の投石器という武器が、現代の解体工事用「鉄球」クレーン車の前身なんじゃないかと思う。

大聖堂物語―聖なる建築物をつくった人々

大聖堂物語―聖なる建築物をつくった人々という書籍では、ヨーロッパの大昔の建築家が大聖堂建築のプレゼンテーションに建築模型を作っていたこと、羊皮紙に重要契約を記していたことなどが書かれています。

BS私の履歴書・建築家丹下健三と父の日と土用の丑の日

トピック「父の日」について。BSで建築家丹下健三さんの特集「日経スペシャル、私の履歴書・建築家丹下健三」の後編がやっていました。

丹下健三生誕100周年記念、瀬戸内国際芸術祭公式カタログ

建築家丹下健三先生を讃えた「丹下健三 伝統と創造」という瀬戸内国際芸術祭の公式カタログでもある書籍があります。2913年の瀬戸内芸術祭と丹下健三生誕100周年を記念した美術出版社から発売された本です。

BSジャパン日経スペシャル、私の履歴書・建築家丹下健三

BSジャパン日経スペシャル、私の履歴書・建築家丹下健三・日本の底力を世界に示した男を観た。丹下健三氏の建築にかける思いを知ると今回の新国立競技場の、ズサンなイギリス建築家ザハ・ハディドの建築計画に怒る、槙文彦氏の気持ちが分る。

展覧会とサイエンスカフェ(ガウディ展 仙台)

ガウディ展でサイエンスカフェが催された。美術展・展覧会とサイエンスカフェは相性のいいコラボイベントであると思う。

建築家槙文彦氏らの新国立競技場建設への「憂国」

建築家槙文彦氏らが新国立競技場建設に危機感を感じ、新計画を打診するもJOC河野一郎が決断をできない。

小田原市大工町の大工の由来と建築紛争の裁判

小田原市栄町は小田原城築城の建築職人が集団で住んでいたため大工町と呼ばれていた。江戸時代の奉行は土地境界紛争とか違反建築への勧告、建築請負い権の裁定などを行った。

江戸時代の建築・都市計画に大岡越前や遠山金四郎が関わっていた

江戸時代の都市計画や住宅建築・土地境界紛争に、テレビの時代劇で知られる大岡越前や遠山金四郎が行政と法律面で深く関わっていたかもしれないという話題。

都構想への建築家安藤忠雄氏の提言

都構想の住民投票に関して、建築家安藤忠雄氏が「市民一人ひとりが自分の意思を示せ」とメディアで呼びかけていました。

建築家坂茂氏のネパール大地震復興建築計画

紙とダンボールを素材とした異色の建築家・坂茂氏と坂氏の率いる建築ボランティア集団がネパール大地震の復興建設のため、現地に向ったらしい。カトマンズは世界遺産建築も破壊される重大被害の模様。

ガウディ井上雄彦展

井上雄彦さんのガウディ展は去年だか一昨年だかから色んなとこで開催されていました。

安藤忠雄先生のコンドミニアム

安藤忠雄先生がニューヨークマンハッタンでコンドミニアムを新築中。ニューヨークも東京都内並みに再開発ラッシュ。

建築家の復興支援

安藤忠雄先生と並ぶ大御所の伊藤豊雄先生も参画しての復興支援のニュース。 忘れ去られがちな復興支援に有名建築家の作品が加わることは、海外のメディアの注目も浴びメリットは大きいと思う。 <a href="http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201503/20150…