読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

建替え診断室

建替えか?リノベーション・リフォームか?神奈川~東京の中古住宅・査定事例を紹介!

司法書士やブローカー間で流行の相続税節税

f:id:builders:20150509211056j:plain

相続税増税などを受け、経済紙かファイナンシャル系ブログまで節税対策の記事増えてます。

zuuonline.com

上記事に書かれている、住宅取得等資金の贈与税非課税枠を利用した節税や、「家族株式会社」を設立しての税金回避方法は、けっこう昔からあって目新しいことではないですが、

例えば、中古の米国賃貸不動産を取得することで、国内よりもより多くの減価償却を計上するという手法が存在する。

という、一文を見て、

「あ、これか!?最近、司法書士や不動産ブローカー間で『儲かる』つうことで客を融通しあってるのは!!」

と妙に納得してしまいました。

よく分らないけど、「去年辺りからアメリカの賃貸用物件を購入することで節税できるので相続がらみの客を紹介してくれたら紹介手数料50万円払う」という儲け話が飛び交ってます。

何回聞いても意味が分らないので手を出しませんが、なんだか流行っています。