読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

建替え診断室

建替えか?リノベーション・リフォームか?神奈川~東京の中古住宅・査定事例を紹介!

多摩ニュータウンアニメ舞台と建て替え後マンションを拝見

多摩ニュータウンが大規模リノベーションを迎えて、東京建物のブリリアマンションその他の高級高層マンションがニュータウン域内(多摩市・八王子市・稲城市・町田市)に多数出現しています。

再生したばかりの多摩ニュータウンの中でも人は亡くなるもので、早くも相続物件が出てきて、先日、物件調査に行ってきました。

多摩ニュータウンは、ジブリアニメ平成狸合戦ぽんぽこ耳をすませばの舞台となった昭和の経済発展を象徴する都市といえます。
(ぽんぽこでは宅地造成にからむ自然破壊をテーマとして多摩ニュータウンがモデルとなり、耳をすませばのヒロイン月島雫の住んでた団地は多摩の愛宕東寺方団地がモデルです)
また、ふたりはプリキュアで登場する学校は、若葉台駅の近くにあるという設定。若葉台は、多摩ニュータウンの中でも人気のエリアとなっています。

また、ラノベとある魔術の禁書目録』のスピンオフアニメ『とある科学の超電磁砲』も多摩センター駅~乞田川横遊歩道が度々登場し、ファンの聖地巡礼のスポットになっています。
多摩ニュータウンがすごいのは、こういう遊歩道というか歩行者用歩道が徹底していて、歩道と車道を完全に分離した都市計画がなされている点です。
子供なんかが通勤通学時に歩道で元気に遊んでいても、認知症老人の運転するクルマに突っ込まれて轢き殺される可能性がゼロという構造で交通網が張られています。

今回は、物件調査で行きましたが、多摩ニュータウンには友人も2家族ほど移住しています。
子供のいる夫婦なので、多摩ニュータウンの安全性を甘受しています。
三井アウトレットやドンキホーテ等ディスカウントから、ヤマダ・ノジマ・ケーズといった家電量販店、大型ホームセンターまで生活に必要なものはほとんどニュータウン内で買い揃えられ、出勤に都内に向かう以外は、多摩ニュータウン区内にいた方が落ち着くそうです。

調査に行ったマンションをはじめ、一階フロアはショッピングや飲食店がテナント入居しているケースが多いのですが、多摩ニュータウンダンナの収入層が安定している主婦が多いのか、わりと高額なカフェの店内も主婦の人たちで混雑していました。
都内の古い賃貸の団地の1階フロアに入居している飲食店やカフェはたいていガラガラです。老朽団地には、高齢者と無職と又借りのフリーターといった低所得層が多いので、カフェなんか利用しないわけです。新宿区の戸山団地なんかも歌舞伎町からすぐ近くなのに、住んでるのは老人ばかりなので、入居テナントはガラガラです。

それに比べると、多摩ニュータウンのマンションテナントに入居することは、飲食店経営の人からしたらメチャ費用対効果の高いものだといえます。だろうから、入居するための競争率も高そうですが……。

多摩ニュータウンには、昭和につくられた商店街が沢山あって、大規模リノベーション計画前までは、シャッター通りの代名詞として閑散としていたそうです。
しかし、リノベ後の今現在は、再建築後の新品マンションに旧住民以外に沢山の移住者が入居してきて、駅周辺までの人通りにも賑わいも出てきたため、商店街のテナントに入居を希望する他地域からの商業経営者も増加しているようです。

物件調査の結果としては、マンション内・所有者の区分所有スペース内ともキレイで建材も上質なものを使用しており、高額査定が出せました。