読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

建替え診断室

建替えか?リノベーション・リフォームか?神奈川~東京の中古住宅・査定事例を紹介!

単純売却

任意売却

不動産単純売却とは、任意売却の反対語、対語という意味で使われる言葉です。

 不動産市場に自分の所有する中古マンションの情報公開をして、(他の不動産仲介業者なども介入させて)購入者を確保し販売する不動産売買の手続きです。

f:id:builders:20151012202322j:plain

単純売却(市場販売)手続き

不動産の単純売却とは、不動産市場に自分の所有する中古マンションの情報公開をして、(他の不動産仲介業者なども介入させて)購入者を確保し販売する不動産売買の手続きです。普通に不動産を売却するのと変わりはありません。

単純売却の売却先、つまり購入希望者は、マイホームとしての中古分譲マンションを探している一般の消費者です。任意売却の反対語、対語という意味で使われます。

業者買取ではなくエンドユーザーに売却

単純売却は、競売がらみの任意売却ではなく、不動産会社を介してエンドユーザーに直接不動産を買ってもらう契約方法です。

任意売却は、一般消費者に売却することが「建前」ですが、実体は売れないといわれ長々と待った挙句に業者に買い叩かれたりします。

また、競売にかかっていて期日の余裕がない場合もまた安値で買取してもらうしか方法がありません。

再建築不可は避けられマンションが重宝

一般のお客さんだから、住宅密集地の既存不適格住宅や再建築不可物件だと、権利関係がややこしいので買取りに難色を示します。

分譲マンションの場合は、今は不動産投資を目的として購入してくれる人が多いので人気も高く現金化は早いです。

築古マンションであっても、万が一の時は最低価格でなら売れると見越し買取れば、お客さんにも顔が立つので、中古分譲マンションを好んで買取る業者もたくさんいます。

市場売却のメリットデメリット

不動産市場で単純売却する場合のメリットデメリットは以下のとおりです。

メリット

高額査定がつく「可能性」がある/高値で売れて債務が少なくなる/債権者の同意が取りやすい/迅速に買取―現金化により生活設計が立てやすい/現状有姿・現況引渡しが原則だから清掃・リフォームなどの気づかいも不要。

デメリット

物件売却に時間がかかるため早くから準備が必要/購入希望者が多数いても売れない/内覧希望者に気を使う(住宅がショールームになるから)/住み続けることは不可能。

広告を非表示にする