読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

建替え診断室

建替えか?リノベーション・リフォームか?神奈川~東京の中古住宅・査定事例を紹介!

北斎と東海道、浮世絵・神奈川沖浪裏

ふるさと納税では、静岡県磐田市がうなぎをギフトにしたら、うなぎ足りなくなった?みたいなニュースが一昔前にありました。

f:id:builders:20150406225541j:plain

食えば終わる鰻蒲焼に比べ、江戸切子のグラスは思い出にもいいし、話題にもなるし、何より目的が北斎美術館建設というのがいい。

葛飾北斎の代表作、富嶽三十六景は富士山の見える東京・神奈川・静岡の「東海道宿」を舞台にしているところから広重と比較されます。

f:id:builders:20150406225539j:plain

歌川広重は、東京日本橋から始まり川崎・横浜を通って藤沢から箱根までの湘南・西湘を通り、三島・沼津の駿河湾沿いを抜け、名古屋そして京都にいたる、まさに東海道五十三次をきっちり描いています。

広重に比べると、北斎東海道は神奈川県内が主で、多くは地元墨田区や江戸東京を描いています。また代表作「神奈川沖浪裏」に見られるように、富士山を遠景・近景に取り入れ、高波などアグレッシブな描写が特徴です。

f:id:builders:20150406225519j:plain

「神奈川沖浪裏」は浮世絵をリスペクトし、北斎ファンであったゴッホも絶賛した絵です。因みにゴッホは自腹で浮世絵を買い集め、自分で浮世絵展を開催するほどの浮世絵ファンだったようです。

そんなすごい人の美術館を作るためのふるさと納税ですから、墨田区だけでなく東京都・神奈川県も何かしらのコラボ見たいなことをしたらいいのに、と感じます。

 

www3.nhk.or.jp